引越しトラック 大きさ 道路の幅

引越しトラックの大きさと道路の幅

引越し トラック 大きさ

 

引越しトラックは大きいものから小さいもの、高所に対応するものなど様々なものがあります。
大きいトラックなら荷物が入り切らないという心配がないので良いような気がしますが、日本の道路は狭いため通れないことがあるのです。

 

それに大きいトラックは小さいトラックよりもガソリン代などの経費がかかります。
トラックと道路の幅の関係は次のとおりです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

大きいトラックを使用したい場合は道路の幅にも注意しましょう。

 

家財が多いので大きいトラックを使いたいけど、道路が狭い場合はどんな方法で引越しするのがいいか話し合いが必要です。